今さら聞けない!?フィットネスジムでも人気のピラティス


屋内運動23

「ジムのプログラムにピラティスがある」「ピラティススタジオの体験レッスンの広告を見た」など、一度はピラティスという言葉を目にしたことがあるでしょう。ヨガと混同されがちなピラティスですが、いったいどんなエクササイズなのかご存知でしょうか?ここでは、まだピラティスを体験したことのない方でもわかりやすいように、ピラティスの基本情報についてご説明します。


ピラティスの始まり

ピラティスを考案したのは、ドイツ人であるジョセフ・ピラティス氏です。なんと、ピラティスとは人の名前だったんですね。ピラティス氏は、幼い頃から病弱な体質で喘息やリウマチ熱などの病気に悩まされており、それを克服したいと体の構造の勉強を始めたそうです。

そして同氏は、第一次世界大戦中には従軍看護師として、負傷兵のリハビリを行っていました。病気を克服したいというピラティス氏の想いと、傷病者のリハビリテーションに基づいて考案されたのが「ピラティスメソッド」であり、ここから発展して今日のピラティスにいたります。

ピラティスでは、背骨や骨盤の動きに焦点を当てたエクササイズが中心で、単なるトレーニングとしてだけではなく心身ともにバランスのとれた健全な状態を目標としています。通常のエクササイズやトレーニングでは鍛えにくい体の奥の筋肉、インナーマッスルを鍛えるのに効果的であり、スポーツ選手やダンサーたちが導入したことで注目を集めるようになりました。

もともとはリハビリとして始まり、今ではアスリートや美容目的の人など幅広い層に支持されています。

ヨガとは違うの?

ピラティスと似通っている部分もあることから比較対象にされることの多いヨガですが、具体的には何が違うのでしょうか。まず大きく異なる点には、呼吸法の違いがあげられます。ヨガは腹式呼吸であり、ピラティスは胸式呼吸なのです。

胸式呼吸ではお腹を膨らませないので、正しい体勢を維持したまま酸素を体に取り入れられるというメリットがあります。また、エクササイズの行程にも違いがみられます。ヨガでは、体勢を維持したまま静止するポーズが特徴的です。

一方でピラティスは、静止せずに動き続け、体の奥にあるインナーマッスルを鍛えることを目的としています。また、ヨガでは瞑想があるように、スピリチュアルな要素が強くみられます。アロマオイルをたいたり、スタジオの照明を暗めに設定したりとリラックスした雰囲気を演出するヨガスタジオもあります。

そのため、ヨガの会員には女性が多いのが特徴です。一方、ピラティスでも心身のバランスを目標としていますが、最も重視されているのは体の筋肉です。また、ピラティスにはヨガと同じようにマットの上で行なうマットピラティスの他に、ピラティス独自の器具を使用するマシーンピラティスがあります。

ピラティスの基本

ピラティスの基本は、呼吸法と姿勢に基づいた筋肉と骨の正しい動きにあります。単なる筋トレやエクササイズとして捉えるのではなく、正しい体の使い方を身につけることが大切です。この基本を理解せずに、間違った方法でエクササイズを行っても最適な効果は得られません。

ピラティスの基本姿勢は、頭から足先までを真っ直ぐに伸ばします。体の左右のバランスを正しい位置に整えることで、呼吸がきちんとできるようになり、普段はあまり意識していない体の奥の筋肉を動かしやすくするのです。

胸式呼吸は、お腹をへこませて横隔膜を意識しながら息を深く吸い込みます。鼻から息を吸って口からゆっくりと吐き出す、これを何度も繰り返して自然にできるようになるまで練習することで、それぞれのエクササイズにより高い効果をもたらします。

また、呼吸を整えることによって酸素を十分に取り込めるようになり、筋肉の基礎代謝を上げることにもつながります。そしてもちろん、心身のストレスを解消するリラックス効果もあるのです。

ピラティスの効果

ピラティスで体幹を鍛えることで、主に2つの効果が期待できます。ひとつは、体の癖をなおして姿勢や骨盤の歪みを整えることです。ピラティスでは、同じエクササイズを繰り返し行うので、知らず知らずのうちに習慣化してしまった体の癖を整える効果があります。

猫背などの悪い姿勢を正すことは血行不良の改善にもつながり、首や肩のひどいコリを解消するのにも役立つと考えられています。また、インナーマッスルが鍛えられて体の軸が安定するため、ケガをしにくい体になり、他のスポーツでのパフォーマンスも上がるのです。

もうひとつの効果は、基礎代謝量がアップすることです。基礎代謝とは、内蔵を動かしたり体温を維持したりといった生命活動に使われるエネルギーを指します。基礎代謝量が増えるということはすなわち、運動をしなくても消費されるカロリーが増えるということですよね。

その結果として、燃焼される脂肪の量も増えることが期待され、ダイエットにもなるというわけです。また、今はダイエットが必要ないという方でも、現在の体型を維持することができます。ピラティスで、すっきりとした美しいボディラインを手に入れましょう。

どんな人におすすめ?

リハビリに由来しているピラティスは、基本的にどんな方にもおすすめだといえます。老若男女問わず幅広い年齢の方が行っており、運動が苦手な方でも無理なく続けやすいのが特徴です。『10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で体のすべてが変わる』と言われているように、続けることで体の変化を実感することができ、自分の体の癖などにも気づくことができます。

週1回のペースで通っている人が多い印象ですが、毎日行なっても特に問題はありません。

とにかくコツコツと継続することが一番大切です。

どこでピラティスはできるの?

フィットネスジムのプログラムのひとつとしてピラティスを行っているところもありますし、ピラティスを専門に教えているピラティススタジオもあります。《参考リンク … メガロス … フィットネス

ヨガとも似通った部分があることから、ピラティスとヨガを一緒に教えているスタジオも多く存在します。フィットネスジムの場合は、他のスタジオプログラムにも参加できたり、水泳プールやトレーニングマシンがあったりと設備が充実しているので、飽きっぽい性格の方に向いているのではないでしょうか。

いずれにせよ、ピラティスの効果を得るためには継続することが重要ですので、通いやすさを重視して選ぶとよいでしょう。

フィットネス効果を最大限に高める音楽の選び方